保守・サポート


システムを導入した後って、どうすればいいの・・・?

 あなたのビジネスは変化の激しい業界にありますか?
 法律による規制やライバル会社の動向など環境の変化は多いですか?

 こうした変化に対応する時、現状の人員や体制で乗り切ることを、まず最初に考えてください。 ちょっとした工夫で乗り切ることができないかどうか考えてください。 たとえば、手書きの連絡メモを関係者に回すようにするとか、Excelで簡単な表を作成するなど、 システムを変更しないでできることを考えてください。

 最初からシステムの導入を考えるのは費用的に高くつく可能性があります。 まず、自分たちでできることを考えてください。こうしたことができると、お金の節約になるだけでなく、 システム的な思考方法を身につける練習にもなります。
 業務量が少ない間はこのままで運用していきます。 しかし、業務量が大きくなるにつれて、この手書きメモやExcelによる業務処理は、時間ばかりかかるようになり、 だんだんと非効率になってきます。

 この時がシステム化を考える絶好のタイミングになります。 一度手作業などで業務を行っていたので、業務フローや必要な情報が社内で熟成されています。 そうした経験があれば、システムの要件を使えるときもスムーズに運びます。 この段階であれば、ソフト会社に対して、このようにやれば実現できるのではと具体的に指示できることでしょう。

 こうした繰り返しが、あなたの組織の環境適応力を高めて行きます。

システムの保守契約って必要なの・・・?

 正直に言って、当社はシステムの会社なので必要ですとお答えします。 ただし、以下の条件にあてはまる場合は、契約する必要はないと思います。

(1)システムが止まっても業務に支障があまりない

 手作業や手書きのメモなどで業務が代行できれば、すぐに対応してもらう必要はないでしょう。 保守契約外のスポットで対応してもらうことになります。 保守契約より若干費用が高くなることは覚悟しなくてはいけません。

(2)システムに詳しい担当者がいる場合

 外部の会社に頼まなくても、システムの内部構造に詳しい担当者がいれば、 費用をかけて保守を依頼する必要はありません。

 とはいえ、こうした体制を一般の会社がつくるのは難しいと思います。 仮に、詳しい担当者がいたとしても、システム専任でなければ通常勤務時間外に復旧業務にあたらなくてはいけないため、 身体的にも精神的にもきつい仕事になります。
 それにオーダーメードシステムの保守業務とは、そのシステムが一点ものであるため、 特殊な事情も考慮しなくてはならないことが多く、たいへん難しいものになりがちです。

 長期にわたってシステムをケアしていくために、保守契約を結ばれることをお勧めします。
 当社のシステム保守契約の主な内容についてご説明します。

  1. 保証期間後の不具合の対応
    • システム不稼動の調査、補修
    • 電話などのシステムに関するお問い合わせ
  2. システムの改良の依頼をお受けしていくという明示
    • 保守契約締結中はシステムのお世話を継続しますというお約束
    • システム機能強化や改良についてのご相談受付
    • 実際の改良作業については別途お見積もり
  3. 守秘義務について
    • 業務で知りえた秘密に関して口外しないとお約束

 当社では、こうした保守契約を締結いただくことにより、作って納めてお終いというのではなく、 長くシステムをお使いいただくお手伝いができると考えています。

 さて、肝心のシステムの保守料ですが、 当社の基準ではシステムご発注額の10%を年間保守料金として申し受けております。

ページのトップへ戻る